radikoで
聴く

札響=札幌交響楽団の団員が週替わりで登場!オーケストラの取り組みや今後のコンサート予定等も紹介し、日ごろクラシックに馴染みのないリスナーにも、興味を持ってもらえる番組です。

  • 番組
  • 日本製紙クリネックスpresents札響プレイヤーズファイル

2021/02/07 放送

「日本製紙クリネックスpresents札響プレイヤーズファイル」

札響=札幌交響楽団のプレイヤー(団員)が週替わりで登場!オーケストラの取り組みや今後のコンサート予定等も紹介し、
日ごろクラシックに馴染みのないリスナーにも、興味を持ってもらえる番組です。
毎年「ポップスコンサート」を開催するなど札響の演奏会活動を支援している日本製紙ですが、
今年度は、コロナ禍で演奏会が開催できなかったためラジオ番組を通して応援しています!

■最終回■ 2/27(土)で一区切りとなります。

3カ月間ありがとございました。

※PCやスマホのアプリradikoのタイムフリー機能を使えば、放送日の1週間後まで番組を聴くことができます。

■リスナープレゼント■応募はコチラ

〆切は、2021年3月6日まで

日本製紙クレシアのトイレットペーパー「スコッティーフラワーパックダブル3倍巻4個パックを2つセットにして毎月6名様にプレゼント!

 

 

 

→ 1月のラインナップ(団員紹介)←

 

→12月のラインナップ(団員紹介)←

NO.10ヴァイオリン・鶴野紘之(つるの・ひろゆき)【2月6日放送】

「美しいものを美しいと感じる心を失うな」という両親の教えを守る新入団員

栃木出身。入団1年目。料理、写真、YouTube動画、個人のホームページなど、何事にもこだわりを持つ演奏家です。

若手音楽家が、オーケストラ(札響)をバックにソリストとして出演する「新進演奏家育成プロジェクト」の演奏会(2月11日)に向けて準備中の心境についても伺います。

 

→鶴野紘之 公式ホームページ←

・・・札響をバックにソロ出演・・・

■新進演奏家育成プロジェクト~オーケストラ・シリーズ

2021年2月11日(木)15:00~
札幌市教育文化会館大ホール

ブラームス作曲/ ヴァイオリン協奏曲

指揮 / 現田 茂夫
ヴァイオリン / 鶴野紘之

チケット完売】
当日券のご用意もございませんのでご了承ください。

No.11 ヴィオラ・物部憲一(もののべ・けんいち)【2月13日放送】

幅広く活動するベテラン奏者!オーケストラも室内楽も・・・

大阪出身。27年目。温泉好き。

PMFで札幌を知り、縁あって札響に入団。ウイーン留学時代に影響を受けたヴィオラ奏者・カクシュカ氏が所属していたアルバンベルク四重奏団のCDもご紹介します。

オーケストラでの演奏はもちろん、アンサンブル等でも活躍中。3月に予定している演奏会についてのお話もあります。

 

「ロメウス弦楽四重奏団第9回演奏会」

2021年3月17日(水)~ 2021年3月17日(水)
開演時間:19:00
開催場所:札幌市時計台ホール

※札響ヴィオラ奏者物部憲一氏が2015年に立ち上げた弦楽四重奏団の第9回演奏会。
出演は他にヴァイオリン市川映子・坪田規子、チェロ廣狩理栄。
【曲目】ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第8番 ラズモフスキー第2番

→ さらに詳しいことは ←

No.12 ホルン・𡈽谷瞳(つちや・ひとみ)【2月20日放送】

大事なことは⚪︎⚪︎⚪︎時に考えない」が座右の銘

千葉出身。とにかく明るい性格の入団3年目。

通称は“プリンセス・ザンギ”! みんなで楽しく食べることが大好き。入団直後に首席奏者は海外研修へ・・・。新人ながらホルンセクションのトップとして重責を担った経験が、周りのプレイヤーを引っ張るエネルギーになっています。

大好きなドヴォルザークのお話も。

※お名前の「土」の字は、𡈽(土の右上に点)

 

 

No.13 トランペット・福田善亮(ふくだ・よしあき)【2月27日放送】■最終回

趣味は、仏像鑑賞!心穏やかに全集中の呼吸で演奏!

石川県生まれ。小学生の頃に北海道へ移住し、美深や函館で過ごす。高校時代には当時の札響・杉木峯夫氏に師事。

長く在京オーケストラで活躍、日本を代表するトランペット奏者でありながらも北海道への思いを捨てきれず、2005年遂に札響へ。

以来、札響の看板奏者として様々な演奏会で存在感を示しています。

 

日本製紙クリネックスpresents札響プレイヤーズファイルの新着情報

    放送日から記事を見る