radikoで
聴く

~my time your time~をコンセプトに、自分らしい週末を過ごすためのヒントをリスナーのみなさんに届け、Weekendの素敵な時間をShareしていきます。
“のんびり”もいい、“アクティブ”もいい!ウィークデイの疲れを癒す、極上な週末にするためのエッセンスが満載です。

2021/10/23 放送

2021/10/23 放送 ー 浪漫館 & 昭和レトロスイーツ ー

今週ご紹介するのは、小樽市堺町にある「小樽浪漫館」です。

キラキラしたパワーストーンや、ガラスのアクセサリーや雑貨、クリスマス向けの雑貨やキャンドルがたくさん販売されています。

 

小樽の歴史的建造物でもある、1908年に建築された旧百十三銀行小樽支店の建物と、イギリスのアンティーク家具が調和した素敵なお店は、商品だけでなく、内装の細かいところまでチェックしてほしいです。

 

今の時期は、お店の外壁の紅葉を見るのも楽しいですよ。

 

 

その「小樽浪漫館」で、特におすすめしたい商品が、このお店オリジナルの黒いガラスにメタリックな色が浮かぶちょっと不思議な「オリジナルトンボ玉」。

 

メタリックなカラーは4色あります。

・日本の海をイメージした神秘的な「深海ブルー」

・月夜に浮かび上がる桜のような艶やかな色合いの「夜桜ピンク」

・森に生い茂る癒しの木々のような穏やかな色合い「森海グリーン」

・江戸の町をイメージした気品ある色合いの「江戸紫」

 

 

このトンボ玉、どうやって出来ているんだろう?と思い、お店の方に聞いてみたところ、黒いガラスの上に銀箔をのせて、それぞれの色のガラスをかぶせて作られているそう。

 

仕組みがわかると、さらに不思議に見えてしまって、じっくり見ちゃいました。

ひとつひとつ模様が違い、デザインによって印象も変わるので、ぜひお店で見てみてください!

 

とんぼ玉に耳をつけて猫の形にした「ねこ玉」も可愛らしくって人気です。

最近は三毛猫模様の幸福を呼ぶ「三毛猫玉」も登場しました。

自分用にもお土産用にもおすすめです!

 

また、「小樽浪漫館」がある小樽堺町通り商店街では、10/31(日)まで、「昭和レトロな秋のスイーツ祭りin堺町」という、商店街10店舗の昭和レトロな感じがするデザートを味わって、カードを集めるカードラリーを開催中です。

 

浪漫館の中にある「Cafe DECO」も参加店のひとつ。

 

対象メニューのコーヒーフロートとオレンジフロートを味わって、昭和レトロに浸ってみるのも楽しいですよ。

 

「昭和レトロな秋のスイーツ祭りin堺町」は小樽各所に配布されているフライヤーのほか、小樽堺町通り商店街公式サイトに各店舗の詳細が載っています。

 

 

 

営業日やメニューの提供時間など、お店によって異なりますので、気を付けてくださいね!

小樽境町商店街のおさんぽ、ぜひ楽しんでみてください!

小樽アオバト情報局

東京都出身 小樽市在住 

小樽がちょっと楽しくなる情報(お知らせ、イベント、お店、小ネタなど)を提供するTwitterアカウントをマイペースに運営中。

 

例えるなら、TVやラジオの専門チャンネルのように、小樽の情報をひたすら流し続けています。

団体の活動と思われがちですが、小樽市民が個人的にひとりでやっています。

 

Twitter上でも、ラジオでも、あなたが小樽に興味を持ってもらえる「きっかけ」ができますように。

 

小樽アオバト情報局ウェブサイト

 

放送日から記事を見る