radikoで
聴く

~my time your time~をコンセプトに、自分らしい週末を過ごすためのヒントをリスナーのみなさんに届け、Weekendの素敵な時間をShareしていきます。
“のんびり”もいい、“アクティブ”もいい!ウィークデイの疲れを癒す、極上な週末にするためのエッセンスが満載です。

2019/05/11 放送

2019/5/11 放送 ー OTARU TAP ROOM ー

今週は今年2月2日に色内2丁目にオープンしたビアバー「OTARU TAP ROOM」(オタル タップ ルーム)をご紹介します。

 

TAPとは、ビールサーバーの注ぎ口のことで、まさにビールを楽しむ場所という意味です。

オーナーは札幌生まれの札幌育ち細見文乃さん。細見さんのお父さんが転勤族だったため、札幌を離れた時期もありますが、北海道の爽やかな気候風土が大好きなことと、自分の場所を持ちたいという思いから小樽にビアバーをオープンさせました。

 

細見さんはビール好きが高じて、日本各地の地ビールやアメリカのクラフトビールに触れて来ました。

そして、たくさんの人に様々なクラフトビールを味わって欲しいと「OTARU TAP ROOM」をオープンしました。

お店には常時、国内外のビール6種類を揃えています。

テイスティングセット(1,400円)

今回はその中から「テイスティングセット」をご紹介します♪

クラフトビール初心者の方にはおすすめです!

いただいたセットは、左から登別の地ビールですっきりとした味わいの「青鬼ピルスナー」、ビールらしい苦味が味わえる同じく登別産の「金鬼ペールエール」、深いコクと重厚感が魅力の岩手の地ビール「メルツェン」、リンゴのお酒 ハードサイダーの中にブドウを使ったアメリカの「コンコードグレープ」の4種。

 

その日によって種類が変わりますから、色々なクラフトビールを楽しみたい方は、ぜひお試しください。

ハンバーガー(1,080円)

さらにビールと言えばおつまみですよね!タコスやビーンズがありますが、今回は「ハンバーガー」をいただきました!

サックサクのレタスに厚切りのトマト、とろけるチーズがサンドされてあって食べごたえ十分!

 

 

 

店内は立ち飲みスタイルで、気軽にビールを楽しむことが出来ます。

また2階はゲストハウスになっていて、宿泊されるとビールを1杯サービスしてくれますよ!

木のぬくもりが感じられる店内でクラフトビールを飲みながら、人と人との触れ合いを楽しんでいただきたいと思います。

 

OTARU TAP ROOM

住所:小樽市色内2丁目4-8

*小樽運河から徒歩約3分

営業時間:午後3:00~午前0:00(L.O. 午後11:30)

定休日:木曜+不定休

放送日から記事を見る