radikoで
聴く

#ハッシュタグでつぶやこう!!

#air_g

リバイバルブームが起きている1970年から80年代の邦楽ポップス「シティポップ」を特集する60分です。

  • 番組
  • FMシティポップ〜ハートビート メガヘルツ~

2022/05/15 放送

5/15放送■当時は、FM雑誌の カセット・インデックス付録も楽しみでしたー

リゾート・サウンドで海も感じられる

ラジオ放送は、おかげさまで無事終了いたしました!

たくさんのメール、リクエスト、ありがとうございました!!

 

聴き逃した方、もう一度聴きたい方

radikoタイムフリー(2022/5/22まで聴けます)を

ご利用ください。

注)北海道以外の方は、有料のプレミアム会員の登録が必要です。

→ FMシティポップ〜ハートビート メガヘルツ~

| AIR-G'FM北海道)(5/22日曜日まで)←コチラから

 

 

シティ・ポップとは、1970-80年代に日本で流行したポップミュージックのジャンルの1つと言われてます。


厳格な言葉の定義などはないんですね。「こういった感じ・・・」といったムードを指すことが多いです。

 

歌詞の中に「街」や「ドライブ」「リゾート」といった言葉が出てくると「ポップミュージック」かな・・・。

 

代表的なアーティストとしては、山下達郎、竹内まりや、大貫妙子、大瀧詠一らがよく挙げられます・・・が、幅が広いです。

 

ここ何年か、ネットを通して、世界中の人が日本のシティ・ポップを聞くことができるようになったこともブームを加速。

 

その代表格が、竹内まりやの「Plastic Love」。
韓国、フィリピン、香港、シンガポールなどでも人気。

そして最近では、カナダのシンガーソングライター「ザ・ウイークエンド」が亜蘭知子さんの曲をサンプリングした、という話題もありました。

日本国内でも、中古レコードコレクション。カバー曲ブームなども手伝って若い世代でも注目を集めています。

 

カセットテープを”ガチャ”っとセットする雰囲気で、まずはA面、Side A  前回いただいたリスナー・リクエストからスタート!

 

みなさんのシティ・ポップへの思いを聴かせてください。

リクエスト曲も 大募集!!

(次回の番組でご紹介する予定です)

→ シティ・ポップ リサーチは、こちら ←

5/15 FMシティポップONAIR曲 (前半は、みなさんからのリクエスト)

↑ 時系列は、下から順になっています ↑

FMシティポップ・リサーチ

(次回に向けたリクエスト)は 

→  コチラ ←

 

番組の補足

今回ONAIRした

亜蘭知「MidnightPretenders」(1983年)

をサンプリングした海外アーティストは、カナダ出身のシンガーソングライター、ザ・ウィークエンド。「Out Of Time」というタイトルでリリース。

FMシティポップ〜ハートビート メガヘルツ~の新着情報

    放送日から記事を見る