soundWave ON AIR MUSIC

23:55 起死回生 和楽器バンド

AIR-G'とは?

AIR-G'(FM HOKKAIDO)は、北海道で最初の民放FM STATIONです! 「AIR-G'」は、FM北海道のコミュニケーションネームです。

G'(Gee Greatの省略形)は、Gで始まるワードの省略形。 あなたはどんな言葉をイメージしますか?

SoundはImage、MusicはVisual 私たちは、airplayでこの共感の世界を広げていきます。

そして、「"Gee Great=なんて素敵・素晴らしいんだろう"と歓んでもらいたい」 そんな願いを込めたコミュニケーションネームが「AIR-G'」です。

 私たちの住む、ここ北海道には、まだまだ、知らない自然や文化、そして、歴史の魅力が一杯あると思いませんか。
知っているようで知らない「コト」や「モノ」の宝庫。まさに、北海道は宝島ですね。
 この番組は、毎週いろいろなキーワードについて、 北海道の自然が持つ魅力や不思議を
ゲストの方の お話を交えながら、楽しくゆったりとお送りするプログラムです。
 さて、今週はどんな宝物に出会えるでしょうか。 ぜひ、お聞きください。

  • 番組
  • ほっかいどう宝島

放送内容

2016/08/21 放送

 今週のキーワードは

<エルムの森とオオバナノエンレイソウ>。

お話を「北海道大学大学院 地球環境科学研究院 教授

大原 雅さん」にうかがいました。

 北海道大学の札幌キャンパスは

通称「エルムの森」とも呼ばれています。

また、オオバナノエンレイソウの

花が咲く原始林が構内にあり、

その花は北大の校章にもなっています。

 エルムとはハル二レの木のこと。

ハルニレは二レ属に分類される落葉高木で

そのグループを総称し、英語でエルムと呼びます。

エルムはヨーロッパや

北アメリカにも広く分布しますが、

その中のハルニレは日本原産の木。

英名はJapanese elm

日本のほぼ全体に分布し、特に北方に多く見られ

北海道の低地帯を代表する樹木のひとつです。
 直径は1mに達し、樹高30~40m

枝や葉を大きく広げたその大木は、

北大キャンパス内のあちこちで見ることができ

ゆとりのあるのびのびとした空間からは

北海道らしさが感じ取れ、

北大のシンボルになっています。

北大正門を入ったすぐ傍には

新渡戸稲造夫人メリーさん寄贈のエルムもあり

樹齢100年以上になります。

 オオバナノエンレイソウも

北海道を代表する北方系植物。

ハルニレなどが生育する落葉広葉樹の林床で

5月頃、直径5cm位の白い花を咲かせます。

どのエンレイソウ属植物も開花した個体は

3枚の葉・花弁・がくを持つことから

「3を基本の数としたユリ」を意味する

Trillium(トリリウム)と名付けられています。
 漢字では「延齢草」、長生きの草です。

成長がとてもゆっくりで

種から発芽するまでに2年

ようやく1枚の葉をつけ

それで光合成をし、徐々に

毎年大きくなっていって

やっと3枚の葉を。

それから花を咲かせるのですが

なんとそこまでに10年はかかるのだそう!
 木々の葉が開く前の短い期間に

明るい光を直接受けて

一気に成長や開花、結実し種子を作り

その後は地上部を枯らす「春植物」、

スプリング・エフェメラル。

その時期にしか葉を出せないので

何年もかけてゆっくりと成長するのです。

ですが、一度花を咲かせると毎年、開花。

寿命は大変長く30~50年といわれています。

そう、森があるお蔭で水分にも恵まれる等

安全で安定した「林の中」という環境と

うまく連動した形で生き方を

進化させてきた植物なのです。

 北海道に自生するエンレイソウは

オオバナノエンレイソウを含め9種。

しかし、元々は3種で、

その3種の中で新しい種類を

誕生させてきたといいます。

「まさに、北海道という大地を舞台に

生物の進化を見ることのできる恰好の植物。」と大原先生。

「可憐で気品のある花ですが、

野生の中で生きぬいてきた逞しさをも

兼ね備えた力強さが魅力。」とおっしゃいます。

 その野生の花が、北大・北18条門から入って

奥の方にある林に群生しています。

ここは手付かずの原生林。

ハルニレなどの樹々が立ち並び

春にはエンレイソウの白い花。

「エルムの森とオオバナノエンレイソウ」

そう、北海道大学はエンレイソウが咲き誇る

ハルニレを代表する豊かな森の中にできたキャンパス。

そんな北海道らしい風景が残されているのです。

今週のプレゼントは、“写真集「オオバナノエンレイソウ」(大原雅先生 監修)と 北大オリジナルグッズ「エルムのフォトスタンド」”です。

番組の感想をそえて、8月27日(土)までに応募してください。

 

<ディレクターYの編集後悔記>

北大内のエルムの木で有名なのは正門前の5本。

新渡戸稲造さんの奥様、メリーさんが病気になり

北大から去る時に植樹したものです。

本当は20本ほど植えていたようですよ。

そしてオオバナノエンレイソウは

別名「山そば」と

呼ばれていたことがあるとのこと。

これは実の形が似ているから

ではないかと推測しているようです。

ほっかいどう宝島の新着情報

    パーソナリティ・レポーター

    パーソナリティ

    放送日から記事を見る