soundWave ON AIR MUSIC

01:52 未来予想図Ⅱ~VERSION'07~ DREAMS COME TRUE

AIR-G'とは?

AIR-G'(FM HOKKAIDO)は、北海道で最初の民放FM STATIONです! 「AIR-G'」は、FM北海道のコミュニケーションネームです。

G'(Gee Greatの省略形)は、Gで始まるワードの省略形。 あなたはどんな言葉をイメージしますか?

SoundはImage、MusicはVisual 私たちは、airplayでこの共感の世界を広げていきます。

そして、「"Gee Great=なんて素敵・素晴らしいんだろう"と歓んでもらいたい」 そんな願いを込めたコミュニケーションネームが「AIR-G'」です。

ほっかいどう宝島

ほっかいどう宝島

日 18:30〜18:55

私たちの住む、ここ北海道には、まだまだ、知らない自然や文化、 そして歴史の魅力が一杯あると思いませんか。 知っているようで知らない「コト」や「モノ」の宝庫。 まさに北海道は宝島ですね。 この番組は、毎週いろいろなキーワードについて、 北海道の自然が持つ魅力や不思議をゲストの方の お話を交えながら、楽しくゆったりとお送りするプログラムです。 さて、今週はどんな宝物に出会えるでしょうか。 ぜひ、お聞きください。

私たちの住む、ここ北海道には、まだまだ、知らない自然や文化、 そして歴史の魅力が一杯あると思いませんか。 知っているようで知らない「コト」や「モノ」の宝庫。 まさに北海道は宝島ですね。 この番組は、毎週いろいろなキーワードについて、 北海道の自然が持つ魅力や不思議をゲストの方の お話を交えながら、楽しくゆったりとお送りするプログラムです。 さて、今週はどんな宝物に出会えるでしょうか。 ぜひ、お聞きください。

  • 番組
  • ほっかいどう宝島

放送内容

2016/02/14 放送

 今週のキーワードは<たちかま>。

お話をうかがったのは、岩内町にある

「尾崎商店店主 尾崎 修さん」です。

 後志(しりべし)管内、西積丹

(にししゃこたん)に位置する

岩内町伝統の味「たちかま」。

スケトウダラの白子(タチ)を

使ったかまぼこで、

道内で一番早くにスケトウダラの

延縄漁を始めたという岩内では、

昔から家庭料理として

食べられていたそうです。

尾崎商店で商品化したのは約60年前。

お話をうかがった尾崎修さんは

2代目で、40年つくり

続けていらっしゃいます。

 つくる時期はスケトウダラ漁が

行われる冬の一時期だけ

(だいたい11月~3月)

岩内町では「たつかま」の呼び名で

親しまれていますが、

その言い方「タツ」は、

「タチ」が訛ったもののようです。

(道南方面、乙部町や白老の虎杖浜などでも

「たつかま」と呼ばれているそうです。)

 それは、昔は捨てられていた鮮度の

落ちやすい白子を少しでも長く

味わおうという先人の知恵から

生まれました。

その味わいは白子だけにプリプリした

弾力のある食感が魅力です。

 何といっても原料の白子の鮮度が命。

処理が終わるタイミングを見計らって

加工場で待機、その日の漁で上がり

処理された白子を受け取り、すぐに

「たちかま」づくりに取りかかります。

鮮度の良いタチを選別し、

茹でて裏ごしし、ペースト状になった

タチを石臼に入れて練ります。

味付けは塩とデンプンのみとシンプル。

段々もっちり弾力のでてきたタチを

手でテニスボール位の大きさにちぎり

それを釜で茹で上げ、最後は氷で締めます。

すべて手作業で行われます。

 「たちかま」づくりで一番難しいのは、

茹であげるタイミング。

同じ原料でも一釜ずつ、物が全然違うそうです。

釜に温度計を入れ、温度を目安にするものの、

最後の決め手は手ざわり。

長年の勘が頼りです。

 そのお味は旨みたっぷり。

ぷるんぷるんで、もっちり

しているのですが、噛むとねっとり

することなく意外にも

サクサク感を感じられる、

弾力のある歯ごたえ。

この食感がたまりません!

そのままわさび醤油で。

また、天ぷらや味噌汁、鍋の具にも。

酢の物やバター炒めもおすすめだそう。

 近年はスケトウダラが

減少しているため

貴重な品となっています。

漁や鮮度の関係もあり流通に乗らず、

まさにご当地グルメ、

幻の逸品ともいわれています。

ですが、今は、珍しい郷土食として

全国的にも知られています。

尾崎さんのところにも道内だけでなく、

名古屋や、遠くは台湾からの

メディア取材があったり、道外からの

注文・問い合わせも多いそうです。

 「たちかま」はスケトウダラ漁の

ある日のみの製造。

ですから、入手できる時期も

はっきりしていませんが、

尾崎商店のほか、

岩内町のスーパーなどで購入できます。

(ちなみに去年は3月7日頃まで

つくられていたそうです。)

尾崎さん直接の注文は

FAXで受け付けています。

FAX番号は(0135)63-0596。

今週のプレゼントは、“スケトウダラのおつまみ”です。

番組の感想をそえて、2月20日(土)までに応募してください。

来週のキーワードは「アイヌ民族の衣服」です。

 

<ディレクターYの編集後悔記>

 行ってきました、岩内へ。

インタビュー終了後、当然買って帰ってきました。

本当に不思議な食感でしたよ。

私はバター焼き、ポン酢和え、

わさび醤油、鍋など堪能しました。

自分的には鍋が一番おいしかったですね。

たちの風味が一番濃く出ていました。

3月は購入できないとのこと。

また買いに行ってこようかな。

ほっかいどう宝島の新着情報

    パーソナリティ・レポーター

    パーソナリティ

    放送日から記事を見る