soundWave ON AIR MUSIC

21:36 関係者ででこい 最終少女ひかさ

AIR-G'とは?

AIR-G'(FM HOKKAIDO)は、北海道で最初の民放FM STATIONです! 「AIR-G'」は、FM北海道のコミュニケーションネームです。

G'(Gee Greatの省略形)は、Gで始まるワードの省略形。 あなたはどんな言葉をイメージしますか?

SoundはImage、MusicはVisual 私たちは、airplayでこの共感の世界を広げていきます。

そして、「"Gee Great=なんて素敵・素晴らしいんだろう"と歓んでもらいたい」 そんな願いを込めたコミュニケーションネームが「AIR-G'」です。

 私たちの住む、ここ北海道には、まだまだ、知らない自然や文化、そして、歴史の魅力が一杯あると思いませんか。
知っているようで知らない「コト」や「モノ」の宝庫。まさに、北海道は宝島ですね。
 この番組は、毎週いろいろなキーワードについて、 北海道の自然が持つ魅力や不思議を
ゲストの方の お話を交えながら、楽しくゆったりとお送りするプログラムです。
 さて、今週はどんな宝物に出会えるでしょうか。 ぜひ、お聞きください。

  • 番組
  • ほっかいどう宝島

放送内容

2017/03/26 放送

 今週のキーワードは<定山渓温泉と湯の川温泉>。

お話を「北海道立総合研究機構 地質研究所 主査

鈴木隆広さん」にうかがいました。

 四季折々に美しい景色に出会える

景勝地としても知られる定山渓温泉は、

札幌中心部から約30kmに

位置する山間にある温泉地。

一方、函館空港から車で約5分

市街地からも車で10分程の湯の川温泉は、

函館観光の拠点としても利用されています。

海に面し、津軽海峡を一望できる

ロケーションも抜群です。

ともに北海道を代表する温泉で

奥座敷と呼ばれる場所にあり

気軽に行けるのも魅力の一つです。

 豊平川上流の渓谷にある「定山渓温泉」。

記録に残っているもので

最も古いものは1858(安政5)年に

定山渓を通った松浦武四郎の紀行文で

その後1866(慶応2)年に

修験僧の美泉定山(みいずみ・じょうざん)が

温泉宿を開いたのが始まり。

その功績から「定山渓」と命名されました。
 源泉は全て自然湧出で

地中にしみ込んだ天水が

地下の地熱で加温され

川底や川岸の石英斑岩の割れ目から上昇。

湧出範囲は、温泉街を流れる豊平川の

月見橋付近と高山橋付近に集中しており

その源泉数はなんと56か所。

温泉宿は、それら温泉の湧出する

各岩盤の割れ目をコンクリート枠で

囲ってタンクをつくり

そこから施設に送っています。

驚かされるのはその豊富な湯量で、

毎分約8600リットルの湧出量

(1976年北大・浦上先生の論文より)。

泉質は国内では、ポピュラーな

無色透明のナトリウム塩化物泉。

温度は個々の源泉で異なり55~85度位で

なかには90度のものもあるそう。

体の芯からポカポカに温めてくれ、

質・量ともに良湯。

山に囲まれた周囲の豊かな自然の風景を

目にしながらの入浴は、

日頃の疲れを十分に癒してくれます。

 一方、函館の奥座敷と

呼ばれるのが「湯の川温泉」。

1653(承応2)年に

松前藩の9代藩主・高広が湯治をし

病気が全快したといわれています。

また、戊辰戦争では、

旧幕府軍の傷病兵の治療にも利用されたそう。

かつては、松倉川を境界に

根崎温泉と湯の川温泉に

分けられていましたが、

今はまとめて湯の川温泉となりました。
 地下にしみ込んだ天水が地熱で加温され

訓縫層と呼ばれる地層中の割れ目を伝って

上昇しています。

もともとは、自然湧出でしたが、

1885年に井戸を掘削し、

湧出する温泉を利用するようになりました。

源泉数は22か所。

函館市企業局管理のもと

多くの浴用施設に送っています。

湯量は、日量約7000トン

源泉温度は60~65度位。

泉質は、無色透明の

ナトリウム・カルシウム塩化物泉で

浴槽にはカルシウム成分の湯花が付着しています。

大型ホテルが立ち並ぶ一方で、

今も残る老舗旅館が

その長い歴史を物語る

風情あふれる温泉地です。

 全国の中でも北海道は、

源泉数・湯量・温泉地数など、

それぞれからみても

必ず5本の指に入る地域で

泉質もバラエティーに富み、

面白いフィールド。

しかし「昨今の外国人の

北海道観光ブームなど

今後もますます観光客が

増えることが予想される中

温泉も決して、無尽蔵にある

資源ではありません。」と鈴木さん。

「各地域の温泉についての

知識や意識を高めて、

使い方や量をきちんとコントロールし

将来にわたって末永く利用できるように

温泉に対する考え方を見直すことも重要。」と

おっしゃっていました。

 

※10年間に渡ってお送りしてきた

「ほっかいどう宝島」は、

今回で番組終了となります。

リスナーの皆様、

また、ご協力・ご出演くださった

ゲストの皆様、

長い間大変ありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

 

宝島スタッフ一同より。

今週のプレゼントは“スパ用トートバッグ”です。

番組の感想をそえて4月1日(土)までに応募してください。

 

<ディレクターYの編集後悔記>

基本的に源泉の湧出は

見られないそうです。

コンクリートで固め、

その上に蓋をしているので。

もしも、その蓋が外されたら

湧出の様子を見ることが

できるかもしれないと

おっしゃっていました。

湯の川温泉は、

あれだけ海に近いのですが

海水の影響はないとのこと。

さあ、10年間 ON AIRしてきた

この番組は今回で終了です。

いつもお聴きくださり、

そして、この後悔記を読んでくださり、

ありがとうございました。

ほっかいどう宝島の新着情報

    パーソナリティ・リポーター

    パーソナリティ

    放送日から記事を見る