soundWave ON AIR MUSIC

04:31 I NEED YOU MAURICE WHITE

AIR-G'とは?

AIR-G'(FM HOKKAIDO)は、北海道で最初の民放FM STATIONです! 「AIR-G'」は、FM北海道のコミュニケーションネームです。

G'(Gee Greatの省略形)は、Gで始まるワードの省略形。 あなたはどんな言葉をイメージしますか?

SoundはImage、MusicはVisual 私たちは、airplayでこの共感の世界を広げていきます。

そして、「"Gee Great=なんて素敵・素晴らしいんだろう"と歓んでもらいたい」 そんな願いを込めたコミュニケーションネームが「AIR-G'」です。

 私たちの住む、ここ北海道には、まだまだ、知らない自然や文化、そして、歴史の魅力が一杯あると思いませんか。
知っているようで知らない「コト」や「モノ」の宝庫。まさに、北海道は宝島ですね。
 この番組は、毎週いろいろなキーワードについて、 北海道の自然が持つ魅力や不思議を
ゲストの方の お話を交えながら、楽しくゆったりとお送りするプログラムです。
 さて、今週はどんな宝物に出会えるでしょうか。 ぜひ、お聞きください。

  • 番組
  • ほっかいどう宝島

放送内容

2016/06/19 放送

 今週は、石狩浜ハマナス再生の

取り組みなどについて、お話を

「石狩浜海浜植物保護センター

運営委員会副会長/

石狩浜定期観察会代表

安田秀子さん」にうかがいました。

 6月、石狩浜のハマナス満開の季節を迎えています。

濃いピンクの華やかな花と共に

とてもいい香りが漂っています・・・。

石狩川が日本海(石狩湾)にそそぐ

河口部に形成された1.5kmにおよぶ

砂嘴(さし)に広がる自然園が

「はまなすの丘公園」。

ハマナス群落の他、絶滅危惧種に

指定されている

海浜のスミレ「イソスミレ」

北限の地であるなど

ここには、希少な花も含め、

約180種の海浜植物が分布しています。

木道が巡らされており、花散策も楽しめます!

特に7月~8月はいろんな花々が賑やかに咲くそうですよ。

 全国各地で自然海浜が

消失・減少している現在、

大規模な天然の砂浜海岸として

稀な存在となっているのが石狩海岸。

延長約25kmも連なるその海岸には

海浜特有の豊かな自然環境が残されているのです。

ハマナスは、そんな石狩浜のシンボル!

昔を知る漁師さんは

「かつては、沖の方からもハマナスで

ピンク色に彩られた陸地が見えたほど」と。

そんな原風景を取り戻し、

守り続けていこうという取り組みが

石狩市で積極的に行われています。

 内陸性植物などの侵入・増加によって

また、過度なレジャー利用もあり

失われつつあるハマナス群落。

その傾向に歯止めをかけようと

市民協働で進めているのが

「石狩浜ハマナス再生プロジェクト」。

石狩浜海浜植物保護センターの

隣接地をモデル地に、ハマナスを

主体とした海浜植物群落再生に

取り組んでいるそうです。
 苗を自宅で預かり育成し

自生地石狩浜へ戻すことや

移植や除草作業などが

ハマナスサポーターの仕事。

また、「ふれあい・再生」をテーマに

再生地を活用し、ハマナスを用いた

ジャム作りや染め物の自然体験など

海浜植物にふれて学ぶ

環境学習の場を創出しています。

 ハマナスなど

海浜植物に覆われた砂丘は、

海岸の厳しい環境を和らげ

また、天然の防波堤として

高波などから背後を守っているといいます。

風をさえぎり、やっとその後ろに木が生育できます。

そう、石狩浜は大規模な

カシワの天然林も残されています。

「砂浜から砂丘があって

海岸林へとつづく・・・

このセットが大事。」と安田さん。

この海から内陸への豊かな連続性が

残されているのが石狩海岸なのです。

 そして、海浜植物がサラサラとした

流動性の高い砂地に生えていられるのは

地下茎が伸びて地面の中に

ネットを張るようにしているから。

つまり、それら海浜植物があるおかげで

砂丘が形成され、形が保持されている。

そんな重要な役割も果たしているのです。

また、そこには海浜特有の

生き物達との繋がりも維持されています。

そして、海岸林の後ろには

人々の生活する場所があります。

 ハマナスは自然との共生のシンボル・・・

石狩市ではハマナス群落の復興を目指し

この貴重な環境を理解してもらいたいと

様々なイベントを通し、その大切さを私達に伝えています。

今週のプレゼントは、“石狩のお菓子(生サブレ)「はまなす街道」”です。

番組の感想をそえて、6月25日(土)までに応募してください。

 

<ディレクターYの編集後悔記>

石狩の保護センターでは、

この近辺のガイドブックを

販売していて役に立つそうです。

そして、ビジターセンターには

砂州のガイドマップもあり、

どこにどんな花が咲くか

分かるようになっているんですって。

いくつもの市民グループが活動していて

石狩浜の砂丘、そこに住む動物、

生息する植物を守っていこうとしているそうです。

何よりも砂丘の凄さを、行ってご覧になってみてください。

ほっかいどう宝島の新着情報

    パーソナリティ・レポーター

    パーソナリティ

    放送日から記事を見る