soundWave ON AIR MUSIC

07:51 君のそばにいるよ MISIA

AIR-G'とは?

AIR-G'(FM HOKKAIDO)は、北海道で最初の民放FM STATIONです! 「AIR-G'」は、FM北海道のコミュニケーションネームです。

G'(Gee Greatの省略形)は、Gで始まるワードの省略形。 あなたはどんな言葉をイメージしますか?

SoundはImage、MusicはVisual 私たちは、airplayでこの共感の世界を広げていきます。

そして、「"Gee Great=なんて素敵・素晴らしいんだろう"と歓んでもらいたい」 そんな願いを込めたコミュニケーションネームが「AIR-G'」です。

第329回放送番組審議会第329回放送番組審議会

Up Date 2016.6.6

開催日時

2016年(平成28年)5月26日(木)午後2~3時

開催場所

エフエム北海道 会議室

委員の出席

[委員の総数 5名]
[出席委員の総数 5名]
[出席委員氏名(順不同)]
 前 川 公美夫   委員長

 臼 井 栄 三   副委員長

 赤 木 国 香   委員
 三 浦 晶 代   委員
 服 部 亮 太   委員

[放送局側の出席者]

 宇佐美  暢 子  代表取締役社長

 木 村  博 史  常務取締役
 千  葉 ひろみ  営業編成局編成部長
 植  松 美由紀    番組審議室事務局長

議題

 * 会社の現況報告
 * 営業報告
 * 編成制作報告
 * 合 評
   番  組  「アップダウンのトークイリュージョン」

   放送時間  毎週木曜日  11:30~11:55

   出  演  アップダウン

   番組概要  この番組は、昨年1月にスタートした自社制作録音番組で、
         北海道出身のお笑い芸人「アップダウン」の二人が、

         毎週木曜のお昼にお送りするトークバラエティです。

議事内容

[合評概要]

委員からは

◇お笑い芸人の中でもトーンが落ち着いていてラジオに向いていると思うし好感が持てるが、

 この番組の前の番組とのギャップがあり唐突な感じがする。この時間にこのテンションの

 番組はピンとこないので、聞いている層と合致しているのか疑問に思う。

 この番組の特徴は、沢山の小口スポンサーが提供しているところだと思う。今後こういう形で

 ラジオ番組を持つというケースが増えてくるのではないかと思うが、番組の内容の自由度を

 どう担保していくかが課題になるだろう。そういうことの試金石になる番組だと思う。

 

◇地域密着で北海道を応援する番組ということで、とても好感を持って聞いた。

 普段は東京で活動しているが、こうして戻ってきて、その時に友達も呼んできて北海道を応援

 するというコンセプトは、とても良いと思う。

 私たちの知らない芸人を紹介してくれるのは面白いし、その人達が、道外の人の目線で北海道を

 応援してくれるのが良いと思った。

 トークは、お笑い的だが根がまじめで真剣なのがよくわかる。私もアップダウンを応援したいと

 思った。トークも切れがあって、嫌な感じがしないのは流石プロの芸人だと思った。

 

◇お笑いは詳しくなくて、アップダウンも今回初めて知り番組を聴いたが、真面目で好感が持てる

 話しぶりだと思った。番組全体としては、聞き終わって印象が薄く、可もなく不可もなくだ

 と思った。

 この時間帯は、主婦層がターゲットだと思うが、2人のお子さんの話なども交えながらなので、

 主婦層には好感がもたれるのではないかと思う。また、北海道アーティストの応援コーナーは、

 普段聞くことが無いようなアーティストの紹介などもあり良かった。

 

◇出演者自身の身の周りの話が多いので、自分達の話をしているだけという感じがする。もう少し

 広がりがあると良いと思った。中でも自分達の子供の話が多いので、もっと違う話があると

 良いと思う。

 北海道のアーティストを応援するというスタンスは非常に良いと思った。

 番組内で、「北海道に行く」という発言があったが、聞いていると違和感があるので工夫して

 ほしい。

 

◇道産子アーティストのコーナーには、力のあるアーティストが毎週出てきて、こうした活動を

 している人達がいっぱいいるのだなと心強い想いがしている。

 ゲストを迎えて複数の人が話すと、聞き分けるのが難しいと感じさせられることがあった。

 また、ゲストの芸人の名前や簡単な紹介をして欲しい。“知らない人にも分かり易く”という

 意識は忘れないでほしい。これは、制作側の責任もあるのではないかと思った。

 

 


                               など、活発な意見が交わされた。