soundWave ON AIR MUSIC

13:36 呼吸 菅田将暉

AIR-G'とは?

AIR-G'(FM HOKKAIDO)は、北海道で最初の民放FM STATIONです! 「AIR-G'」は、FM北海道のコミュニケーションネームです。

G'(Gee Greatの省略形)は、Gで始まるワードの省略形。 あなたはどんな言葉をイメージしますか?

SoundはImage、MusicはVisual 私たちは、airplayでこの共感の世界を広げていきます。

そして、「"Gee Great=なんて素敵・素晴らしいんだろう"と歓んでもらいたい」 そんな願いを込めたコミュニケーションネームが「AIR-G'」です。

防災・減災について、情報を発信、リスナーのみなさんと共有。
1人でも多くの人を災害から守れるようにと願い放送する番組です。

  • 番組
  • AIR-G’防災減災ウィーク

ON AIR

2017/07/16 放送

1993年(平成5年)7月12日、多くの犠牲者を出した

奥尻島沖を震源とする北海道南西沖地震が発生しました。

今週は、AIR-G’防災減災ウイークと題して

「北海道の防災減災」についてお送りします。


お話を伺うのは、東北大学災害科学国際研究所 助教 定池祐季さんです。

 

7月16日(日)第6回
■今日は「目的防災、結果防災とは」

 

Q「目的防災、結果防災とは?」

 

どちらも大切です。

目的防災とは、避難訓練を行う、

防災マニュアルを作るなど、

防災力を主目的とした活動をそういう。

結果防災とは、防災を意図していなかったとしても

結果として防災力を高めることになる、

それをそう呼んでいる。

 

Q「例えばどんなこと?」

町内会のお祭りのために投光器と発電機を買った。

お祭りでも使ったけど、停電の時にも使えた!

これは防災に役立つ、結果防災といえる。

 

地域の行事が多いところは

潜在的に防災力が高いと言われている。

行事を行うと、臨機応援に

対応しなくてはならないことが多い。

ものがない、迷子が出たなどに対応していくと

危機管理能力が高まっていく。

防災と考えると特定の人が

頑張るものだと考えがちだが、

日常の中には防災の種がある。

 

Q「身近にあるアプリを活用することなど、もっと出来ることは無いだろうか?」

 

役に立つアプリを取り入れる行動も有効だと思う。

知識を身につけるアプリもあれば、行動を促すアプリもある。

身近なところから初めてみるのも大切だと思う。

 

この記事に関連したPodcastを聴く
2017/7/16(日) AIR-G’防災減災ウィーク

AIR-G’防災減災ウィークの新着情報

    パーソナリティ・リポーター

    パーソナリティ

    放送日から記事を見る

    カテゴリ