AIR-G' FM北海道
MIKAKO's ウイークリー〜林美香子
2007年9月30日  15:10
クラフトショップ「Ager(アゲル)」
JR札幌駅近くに、北海道のクラフト作家の作品を集めた
素敵なクラフトショップ「Ager(アゲル)」が
オープンしました。
北のクラフトプロジェクトいぷしろんの舟見優子さんが
セレクトした素敵なクラフトが並んでいます。
期間限定の企画展が続く方式ですが、
今行われているのは「とっておきのティータイム」。
ポットやカップ、お皿、フェルトの小物入れや木のスプーン、
キャンドルなどやさしい気持ちになれるクラフトの数々が
並んでいます。
私も石黒いづみさんの、ほっそりとした形の白磁の茶碗と
櫻井芳枝さんのキャンドルを買ってきました。
私も、これらを使ってゆったりとしたティータイムを
過ごしたいなと思います。
この企画展は10月6日(土)まで。
その次は、10月9日〜25日まで
「自然染めのストールと自然素材のバッグ、
  アクセサリー、チクチク縫いの服」が行われます。
興味のある方はのぞいてみてください。

クラフト「Ager(アゲル)」
札幌市北区北7条西6丁目1−11

2007年9月23日  15:12
おすすめ映画
私は大のピーターラビットファン。
そのピーターラビットの生みの親である
ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画「ミス・ポター」が
今、上映されています。
早速見てきましたが、こんな素敵なロマンスがあり、
ポターが現代的で自立する女性だったことを知って
一段と魅力を感じました。
主演のミス・ポター役は、レニー・ゼルウィガー、
今回はエグゼクティブプロデューサーもつとめています。
彼女自身ポターに魅せられ、丹念に調べ、まるで
ポターが乗り移ったかのような演技です。
100年も前のイギリスが舞台。
美しい湖水地方の風景、ノスタルジックな
ファッションやインテリアなど、
目を奪われるシーンがたくさんあります。
そして、とってもかわいらしいのが、
ピーターラビットなどの美しいイラストが
すうっとアニメーションのように動き出すこと。
この映画の大きな魅力です。
映画の後半では、ピーターラビットの成功で
印税を手にしたポターが、ヒル・トップという
コテージや農場を開発から守るために買っていく
のですが、これがイギリスで有名な
「ナショナルトラスト」の始まりでもあるんですね。
イギリスの美しい風景、ロマンチックなラブロマンスと
ともに、自然保護の先駆者としてイギリスの湖水地方を
守ったミス・ポターの姿にもぜひ注目してください。
映画を観終わって、もう一度湖水地方に行きたいなあ・・・
と思った私でした。

〜追伸〜
先日、稲垣潤一さんの時計台アコースティックライブで
改めて彼の歌に魅了されました。
いつまでも変わらない歌声に(お姿も)、感動!
そして、12月24日に札幌グランドホテルで行われる
クリスマスディナーショーのチケットを買いました!!
今から、楽しみです。

2007年9月16日  15:13
ドライトマトの作り方
家庭菜園で育てたトマトが、今年は豊作!
とても食べきれないので、今年は初めて
ドライトマトをつくってみました。
トマトのおいしさが凝縮されたドライトマトは
イタリア料理には欠かせない存在です。
普通のトマトだと干しあがるのに時間がかかり
途中でカビがはえたりすることもあるので
ミニトマトで作るのがおススメです。
いちばん簡単なのは「天日干し」。
ミニトマトを皮付きのまま半分に切ってざるに並べ
太陽で干すだけ。
2日たつとドライトマトらしい味になりますが
まだ水分も残っているので、保存には向きません。
でも、セミドライ状態で料理してもおいしいです。
時々裏返すと、乾燥が早くなります。
天気にもよりますが、4日くらいでドライトマトが
出来上がります。
4日も待てないという人は、電子レンジやオーブンで
つくる方法もあります。
●電子レンジの場合は、ミニトマトを半分に切って
ペーパータオルなどで水気をとり、お皿にキッチンペーパーを
しいて、切り口を上にして並べ塩を振ります。
電子レンジを5分くらいかけて取り出し、出てきた水分を
ペーパータオルなどでふいて、さらに5分くらい電子レンジに
かけます。干せるまでこれを繰り返します。
●オーブンの場合は、100度くらいで約1時間乾燥させます。

本格的ドライトマトの状態にするのは結構時間がかかるし、
なかなか難しいようですが、
水分が少し残った「セミドライトマト」は、
オリーブオイルを絡めて使うと、またおいしい!!

サラダにくわえたり、オムレツの具にしたり、パスタにくわえたり
チキンやポークの煮込みに入れたりいろいろ使ってみましょう!

トマトの豊作にうれしい悲鳴を上げているあなた!
試してみてくださいね。

2007年9月9日  15:14
お勝手屋 萌
先日留萌に行ってきました。
夕陽が美しく、海産物のおいしい町ですよね。
その留萌で、観光客の人気を集めているのが
駅前にあるおみやげ処「お勝手屋 萌」。
主婦のグループが、空き店舗対策として始めたお店です。
「もなか」などをばら売りにしたり、添加物を使わない
カマボコを作ったり、消費者の視点に立った店づくりが
支持されているのでしょうね。年々お客様が増えているそうです。
タコをたっぷりといれた「タコたこ揚がれ」や「かまん棒」と
いう名前のかまぼこなど、おいしかったです。
留萌に行ったら、立ち寄ってみてくださいね。

2007年9月2日  15:16
おいしい道産ワインとチーズ
先日、フレンチのシェフ 三国清三さんを囲むパーティに
参加してきました。
道産のワインとチーズ、そして道産食材とのコラボレーション
というテーマで、三国シェフが応援する道産のワインとチーズ、
そしておいしいフレンチの数々をいただき・・・幸せなひと時でした。
その三国シェフお勧めの道産ワインとチーズ中から
いくつか紹介しましょう。
まずはワイン。
私も大好きな、三笠の「山崎ワイナリー」。
ご家族5人でワイン造りに頑張っています。
シャルドネやピノ・ノワールなどがおススメ!
家族5人の指紋を花びらにかたどったラベルもおしゃれです。
ラベルといえば、月浦ワインの月をデザインしたラベルもおしゃれ。
爽やかでミネラル分たっぷりの白ワインがおいしかったです。
ふらのワインもさまざまな賞を受賞するなど安定したおいしさに
定評がありますよね。
チーズでは、大樹町の半田ファームや新得の共働学舎、
幕別町のNEEDS(ニーズ)、中札内の十勝産フロマージュ、
安平町のはやきた夢民舎(ムーミンシャ)、チーズ工房角谷(カクヤ)など
おいしいナチュラルチーズがいろいろ。
北海道のチーズは飛躍的に伸びているなと思います。
ちょっと変わったところですと、大豆が入ったカマンベールとか
笹の葉でつつんだチーズ、みそ漬けのチーズなど、
工夫したチーズもあります。
ワインとチーズは同じ土地で作られたものが
「最高の結婚(マリアージュ)」といわれています。
道産のワインとチーズも是非あわせて味わってみてくださいね。

このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2007年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
前の月   次の月
プロフィール
林 美香子
林 美香子
4月12日生まれ 牡羊座 B型 札幌市出身

北海道「スローフード&フェアトレード研究会」の代表、農林水産省「食と農の応援団」メンバーも勤めてます。
関連番組
アーカイブ