AIR-G' FM北海道
カラスの巣箱
次のページ
2006年8月31日  15:53
今週の試聴盤
Johnny Hell 浅井健一 2006.09.27リリース。BVCR-11094

ソロのファーストアルバム。バンドであろうがソロであろうが、
彼の音楽に対する向き合い方は変わらずカッコイイ。
攻撃性は少々、押さえ気味だが、そこには本当の意味の自立したロックがある。
繊細で優しい部分もスパイスとして、効いてる。

 
Imagine Kazushi&Hajime INAMURA OIL-060501

知り合いのミュージシャン稲村一志さんと息子さんの大さんとのコラボで、
あの「イマジン」の日本語バージョンをリリースした。と聞いていて、その出来が素晴らしいとひそかにささやかれていたので、CDショップのインディーズコーナーに出向き、やっと、手に入れた。
いや〜。すごくイイ!
ウクレレのイントロなんだけど、、、。これが、また、静かにしみる。
広く聴いて頂きたいので、今週、(9/1)番組にお招きします。
聴いてね。


2006年8月30日  20:29
カニ飯
うまくいった。カニ飯。
山盛りにしたカニ。それだけで、酢飯の酢加減などどうでも良かったから、、、。
次は、いつこんなに大満足にカニを食する日がくるのかなあ?

だが、明日が生ゴミの日で良かった。
部屋に充満しているカニ臭〜いのをなんとかせねば。

2006年8月30日  12:01
カニ!
 うわ〜い!カニだ!
夫が取材先から、カニをいっぱい送ってくれた。
私はカニとエビが大好き!
カニって、そこにあるだけで、妙に沸き立つ。
お友達の家族もお招きし、思う存分、食べよう!

その前にお腹をすかせた方がいい。って事になり、ボウリングへ。
もう、5年以上。やってない。、、、、とは言え、あまりにもひどいスコア。
10点?
自分でも、一回ストライクを出したきり、後は「G」ガアターの山に笑うしかなかい。
ありえないスコアー、、、。

そして、食べた!食べた!カニの山。
それでも、まだ、残っているので、明日はこの身をほぐして、
「カニ飯」にしよう。
作った事ないけど、、、。身をいっぱいふりかければ、満足するでしょう?

2006年8月24日  18:26
青春!そして、、、。
 高校野球の興奮がさめやらぬ日々。

カフェ書に参加のみなさんも、その感動を描く人が多い。
栄光の「栄」「無限」いずれも、お昼休みを利用して、
「茶房さくら」さんに集う男性が描いた文字。
さらに「カフェあじと」では、今日、「青春」と描いた青年が、、、。
フランシス君。カナダ、ケベックから、日本の文化に親しむためホームステイしているのだが、お友達のなおみんが連れて来た。
やっぱり、連日の高校野球に胸をうたれて描く文字だそうだ。
とっても、いい作品を描いてくれていたが、
もう一つ、彼が描いた文字は「小早川千秋」???
知り合いでも彼女でもない女性の名前らしい。
とにかく、この響きと文字の流れが好きなんだそうで、、、。
さらに、最後にフランシス君は「旅心」と描いた。
本当に心のこもったいい文字だったよ。
日本は東京、奈良、広島、秋田そして、札幌と旅して、もう、まもなくケベックに帰るそうだ。
そんな旅の日々がつまっているかのような文字だった。

 彼は「カナダのモントリオールでは、アーティストがパフォーマンスをしているストリートがあるが、書道をやってる人は見た事ないから、きっと受けると思うよ。」と言ってた。
 
 ならば、筆一本持って行っちゃおうかなあ〜。
な〜んてね。なんちゃって書道家の野望は広がってます!

「カフェ書」のご案内はカラスのオフィシャルホームページ「ほっ」から検索してね。



2006年8月24日  17:52
美しいフィナーレ
ご苦労さま。
こんなに素晴らしい負け方はないよね〜。
引き分け再試合の決勝で1点差で負ける。
最後エース田中が打席で斉藤が投げる。
マウンドを守り抜いたエースの対決で幕を閉じるなんて。
マンガの世界だって、なかなか実現しない美しい幕切れ。

早稲田実業はこの長い歴史の中で、夏、初優勝。
もう、しょうがないよ。
早稲田実業の監督さんがインタビューに答えて
「駒苫は本当に強いです!こんな強いチームを毎年、作ってくるなんて、凄い事です!」と讃えてくれてる。
本当にそうだよなあ。

いつか、負ける日が来るはずなのに、、、。
負ける訳にはいかない!って走り続けた日々は、想像できないプレッシャーだよね。
最後に相手ピッチャー斉藤クンが泣いてる。
あんなにクールだった子が、、、、。
この少年が背負っていたプレッシャーもまた、半端じゃなかったはず、、、。
美しい涙だなあ〜。
彼はこの夏、人生変わっちゃったなあ〜。
お兄さんも好青年だし、、、。
どうやってお育てになったのか、お聴きしたいものだ。
田中クン、笑ってる。泣いてる選手の背中をさすりながら、彼には涙がない!
そうだ!胸を張って帰って来てね。

すばらしい夏をありがとう。

「青春」って描きたくなったなあ。

次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2006年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
前の月   次の月
プロフィール
DJ KARASU
DJ KARASU
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組
アーカイブ