AIR-G' FM北海道
カラスの巣箱
2005年2月6日  14:35
母パート3
 メンバー全員、白く染まったドームに感動してくれてたのはわざわざ書かなくても、、、、もう、分かるよね。

 GLAYとお別れする時
彼らは「行って来ます」と言った。
だから、みんなの気持ちをいっぱいのせてカラスは大きな声で
「いってらっしゃい」って見送ったからね。

 全国のGLAYファンのみなさんへ。
本当にありがとう!そして、これからもカラスは彼らとあなた達の架け橋として、一緒に彼らを見守り続けていけたら幸せだ。と思ってます。

 GLAY 北海道の母 カラス。

2005年2月6日  14:29
母パート2
 さあ、準備はOK!
メンバーがステージへ。
TAKUROの胸には『生きてく強さ』と描かれている。
あのTシャツをこんなにカッコよく着こなしている人は他にはいない!ってくらいカッコイイ!
(このページをちょくちょく覗いてくれてるTAKUROクンへ
ホント、カッコよかったよ!)
ライブ終了後、メンバーにお会いした時、彼は
「TAKURO仕様にアレンジしちゃったけど、良かったかな?」なんて言ってたけど、イイに決まってるじゃん!
結局,着てたTシャツを彼は客席に投げ込んだのだが、それは、どうしてもこの人にあげたい!って思う男子がいたらしくその人に向かって投げ込んだそうだ。そのキミ、大切にしてね。

 そして、会場を見回したTERUは
「ここはホワイトドームだね」って言った。
その後、何回かホワイトドームをくり返した。

ホントに彼らは優しい。人の心を汲み取れる人達だ。なんて素敵なんだろう。

 実は、この日が近づくにつれてカラスは白くできるか?
と同じくらい、全くこの企画を知らずにコンサートに参加している人達が取り残された感が強くならないかなあ?って言う心配が大きくなっていた。
だから、TERUがこの事については何も触れず、「ここはホワイトドームだね」って言う表現で「ありがとう。」の気持ちを伝えてくれている。と感じて、彼らの真の優しさ、深い愛に感動してしまったよ。

 その事はTERUクンにお会いした時には触れなかった。
だって、いちいち言葉にしなくても感じあう、分かりあうってあるじゃない?
彼らからはそういうモノが伝わってくるんだよね。
TERUクンは「あっ、カラスさんまた、泣いてる。」って言って少しヘラヘラが入ったいつもの笑顔を向けてくれた。
彼はなぜこんなに子供みたいな笑顔の大人なんだろう。って思いながらカラスは泣いてた。

 HISASHIクンにはあらためて「お誕生日おめでとう」を伝えたよ。
みんなの声はちゃんと彼に届いてたよ。

 JIROクンはこんな告白をしてくれた。
「実は昨日(ライヴの前日、番組にお電話をくれた日)昼の12時からリハに入ってて、それが長引いてもう煮詰まりかえってたんだ。ピリピリしてたしさ。そんな時、カラスさんに電話するっていうから、よし、出よう。ってなってさ。あれで、オレ気分がすっごく吹っ切れてテンション上がっちゃって、それで今日に持ち込めたんだよ。ありがとう。」って。
なんて、かわいいのだろう!って思っちゃうよ。
彼のこのツボをくすぐる発言。そこにウソがないから、なお、めんこいのさ〜。

 そうだよね。
ツアー初日の前日だ。念入りにリハを重ね。緊張感いっぱいだったはずだ。
そんな時。シークレットにされてて突然のメンバーからの電話に何を話したかあまり思い出せないけど、全国からみんなが明日のために集まっていて、どれほどまでにあなた達のあらたな10年の一歩を見守ろうとしているかだけをちゃんと伝えたい。と思ってたんだよね。
だから、みんなの思いが彼らのテンションを上げたと思って下さいね。

 ライヴはTAKUROクンが函館の元町の雰囲気のセットだよ。って番組でも喋っちゃったからそれはイイとして、そこからあっ!と驚く展開になるんだ。
それはこれから続く事なのでナイショにしておくけど、いや〜!スゴイの一言。
凄過ぎて「何だよ!こんなにまでしちゃって。」って笑い出しちゃうくらい?
よく分かんなくなっちゃうくらいスゴイ!
これから出かける人は楽しみにしててね。
あ〜。もう、コレ以上、綴るとよけいな事まで書き込みそうなので、もう、やめますが、、、。
 
 

2005年2月6日  14:19
母です!
 ありがとう!
神様はいるんですね。ディレクターのyas4がライブの帰りつぶやいた。
私、カラスもそう思った。
みんなが優しかった。ふんわりと札幌ドームが白く包まれていたよ。

 2月5日 札幌ドーム
10 th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005 WHITE ROAD
11年目の歩みを始める彼らをWHITE ROADOで送りだそう!
札幌ドームをみんなの力で白く染めよう!
と番組から発信したのは昨年のクリスマスイブ。

キャンペーンでAIR-G’を訪ねてくれたTAKUROクンはひとつの約束をしてくれた。
札幌ドームで僕はカラス文字の「生きてく強さ」Tシャツを着るよ。
持ってる人は一緒に着よう!
カラスにとっては夢みたいな話し。
何かメンバーにお返しをしたい。そんな気持ちが
『札幌ドームにホワイトロード』を作ろう。の発案だった。

 日を追うごとに全国から賛同します!応援します!のメールが沢山届いた。
そのメールの反応を遥かに上回る8割りくらいが白でうめつくされるという現象!
アンコールになった途端、HISASHIクンへのハッピバースデイSONGと共にみんなが白に変身を始めてくれた。
どんどんドームが白に染まっていく。

 

2005年2月5日  8:36
いざ!
 興奮して眠れなかった。
さらに、お腹がデリカートになって何度もトイレに通ってる。
私、カラスはGLAYのメンバーでもないのに、今日の札幌ドームライヴに緊張度が限界を超え身体に現れだしたようだ。

昨夜の生放送中にリハーサルを終えたばかりのメンバーがお電話をくれた。
一昨日の夜、担当ディレクターの元に、
「メンバーがせっかく札幌にいるのだから、時間が合えば電話したいって言ってるのですが、、、」
と突然のオファーがあり、決まった事らしい。
でも、カラスは本当に知らなかった、イヴェンターの方に直前情報を入れてもらいます。と打ち合わせで聞いてたから、、、。

「TERUです。」と言われても、
「どちらのテルさんですか?」状態だった、、、。
本人達と分かってからはパニックのまま番組は終わっちゃった、、、、。

さあ、今日のライヴはGLAYのライヴ史上、後々、とっても貴重なものとして語り継がれるものとなるはずだ!
って、、、。予感する、、、。(ちょっと、謙虚に)

 まだ、間に合う!
今日、時間が空いたと言う人。
3時の開場時間から当日チケットも発売される。
アンコール用の白いもの(ホワイトロードキャンペーンを見てね)
を用意していざ!札幌ドームへ。

このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2005年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
前の月   次の月
プロフィール
DJ KARASU
DJ KARASU
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組
アーカイブ