AIR-G' FM北海道
カラスの巣箱
2004年7月23日  17:10
虹色のマフラー
今、この生きてるうちに、
天国をつくろうとしている男がいる。
天国をつくろうを略して『てんつく』。
だから、彼は『てんつくマン』だ。

沖縄の美ら島(ちゅらじま)を舞台に、自分達の天国を求めて集まった人々がやらかした、3っのエピソードをドキュメンタリー映画として作りあげたのが、てんつくマン。
7年半の月日を費やして、出来上がったこの映画は自主上映されている。
先日、観て来た。

エピソードの1つから、「アフガニスタンの子供達へ、レイインボーマフラーを贈ろう」について、今日は書き込もう。
アフガニスタンの冬の寒さは厳しい。
寒さのため、死んでしまう子供達が沢山いる事を知ったひとりの女性がマフラーを編みはじめた。その行為に心うたれた人々は全国から、どんどん手編みのマフラーを贈りはじめる。目標は1Km。777本だったが、この目標を超える、美しい虹色のマフラーが出来上がった。
そして、アフガンのあるキャンプで難民として暮らす子供達へと届けられる。
子供達が笑顔で一列に並び、長く繋がったマフラーを手にする。
アフガンの地にたなびく虹色のマフラー。
美しい光景だった。
しかし、ここで、終わらない。
ドキュメントだった!!
たった、一ケ所、繋いでいたリボンが解れて、一本分のマフラーが離れた瞬間、我、先にと奪い合いが始まり、大混乱。
どんなに、一家に一本あります。と説明しても、もう、治まらない。
これが、生きるか死ぬかの瀬戸際で暮らす、子供達の現実なのだ。ぬるま湯で生きている私達の甘い考えでの支援は時として、混乱を生んでしまうのだ。
しかし、ここで、諦めない。
それが、てんつくマン達の思いの強さだった。
自分達の否は否として、誠心誠意あやまり、どうしても、一家に一本のマフラーを支給したい。その約束は守るから、一度、家に持ち帰ったマフラーをもう一度、ここへ、一旦、返してはくれないか?と訴えた。
現地のNPOの方達も、この現実をみたら、それは不可能な事だと誰もが諦めるように言うのだが、たった、一本でも帰って来たら、このマフラーに思いを込めた人達の心は通じたと思えるので、その一本に賭けてみたい。と訴え続けた。
すると、、、、。
人間って、やっぱり、、、。
この先は、やはり、書くのはやめておこう。
まだまだ、この映画を目にする事もあるだろうから、そこで、確かめて。
すべてはやるかやらないか!
諦めるか諦めないか!
あなたは、どうする?

2004年7月23日  17:07
虹色のマフラー
今、この生きてるうちに、
天国をつくろうとしている男がいる。
天国をつくろうを略して『てんつく』。
だから、彼は『てんつくマン』だ。
沖縄の美ら島(ちゅらじま)を舞台に、自分達の天国を求めて集まった人々がやらかした、3っのエピソードをドキュメンタリー映画として作りあげたのが、てんつくマン。
7年半の月日を費やして、出来上がったこの映画は自主上映されている。
先日、観て来た。
エピソードの1つから、「アフガニスタンの子供達へ、レイインボーマフラーを贈ろう」について、今日は書き込もう。
アフガニスタンの冬の寒さは厳しい。
寒さのため、死んでしまう子供達が沢山いる事を知ったひとりの女性がマフラーを編みはじめた。その行為に心うたれた人々は全国から、どんどん手編みのマフラーを贈りはじめる。目標は1Km。777本だったが、この目標を超える、美しい虹色のマフラーが出来上がった。
そして、アフガンのあるキャンプで難民として暮らす子供達へと届けられる。
子供達が笑顔で一列に並び、長く繋がったマフラーを手にする。
アフガンの地にたなびく虹色のマフラー。
美しい光景だった。
しかし、ここで、終わらない。
ドキュメントだった!!
たった、一ケ所、繋いでいたリボンが解れて、一本分のマフラーが離れた瞬間、我、先にと奪い合いが始まり、大混乱。
どんなに、一家に一本あります。と説明しても、もう、治まらない。
これが、生きるか死ぬかの瀬戸際で暮らす、子供達の現実なのだ。ぬるま湯で生きている私達の甘い考えでの支援は時として、混乱を生んでしまうのだ。

しかし、ここで、諦めない。
それが、てんつくマン達の思いの強さだった。
自分達の否は否として、誠心誠意あやまり、どうしても、一家に一本のマフラーを支給したい。その約束は守るから、一度、家に持ち帰ったマフラーをもう一度、ここへ、一旦、返してはくれないか?と訴えた。
現地のNPOの方達も、この現実をみたら、それは不可能な事だと誰もが諦めるように言うのだが、たった、一本でも帰って来たら、このマフラーに思いを込めた人達の心は通じたと思えるので、その一本に賭けてみたい。と訴え続けた。
すると、、、、。
人間って、やっぱり、、、。
この先は、やはり、書くのはやめておこう。
まだまだ、この映画を目にする事もあるだろうから、そこで、確かめて。

すべてはやるかやらないか!
諦めるか諦めないか!
あなたは、どうする?

2004年7月8日  16:30
書き終えた!
書き終えた!GLAY EXPO 2004 AIR-G'ブ−スで販売されるグッツに使われるカラスの書、カルタの200タイプを描き終えたのだ。
2日間、アトリエとして、提供してくれた某所に缶詰めになり、グレイの曲をガンガンかけながら、食事やおやつまで、用意してもらって、まるで、作家先生にでもなった気分を味わった。
時折、涙が溢れた。
「このフレ-ズが描きたい」って強烈に思った言葉には、想いがこぼれてしまうのだ。
技量も実力もないカラスには荷が重い事は自分が一番分かっているので、そのプレッシャ-に押しつぶされそうになりながら、必死だった。
そんな中、担当のSディレクタ-の「きっとメンバ-は喜んでくれるよ」の言葉を信じて書きなぐった。
終えた時はヤッタ!と感じる余裕はなく、まだ書きたい!なんて気分だけが高揚していたよ。
でも、自分の限界だったって事が良く、分かった。次の日、腰痛と腕が上がらないのとで、苦しかったもん。
ただの書道好きにすぎないカラスがこんな経験ができたのはこの番組があっから。
本当にありがとう。
昨日、田舎の母からねぎらいの電話があった。「200もの宛名書き頼まれたんだって?大変だったねえ〜」えっ?あのぉ〜、まあ、いいかって感じ


このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2004年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
プロフィール
DJ KARASU
DJ KARASU
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組
アーカイブ