AIR-G' FM北海道
カラスの巣箱
2002年7月17日  15:56
アイ アム、、?
 「無償の愛」を突き付けられて実はそれがイタクッテ涙が溢れていたのかも知れない。
映画「アイ アム サム」を観てきた。
主人公のサムは7歳児の知能しか無い知的障害者。
この人が行きずりのホームレスの女性が産んだ子供の父親となり、その子と二人だけの生活がはじまるんだけど、子供が親の知能を超えてしまう頃から問題が起き、養育能力への疑問から親子が引き離されてしまい、取り戻すための裁判が始まる、、、、。ってなストーリー。
 このお父さんサム。可愛すぎる娘を心から愛して心から抱き締めるのだけれど、
なにをおいても娘の幸せを考えているのが、スクリーンから溢れ出てくるのだ。
 カラスは母だが、あんなに愛情をもってわが子に向き合ってはいない。
むしろ、最終的には自分の人生が大事だ。と常日頃、考えているような親だ。
だから、あんなに光り輝くような「無償の愛」を見せつけられると苦しかったぜ!
 ひと足先にこの映画を観た大泉洋さんは
「あれはどうやったって泣くでしょう。特に子供のいる人は」と言っていたが、
親を経験する身としてはこんなに痛みが伴うとは思わなかったよ。
 ところで、ちゃんと観てるにもかかわらずこんな疑問をもつのはカラスだけかなあ?
あのサムさんって本当の親?血のつながりがあるのか?って事。
行きずりの女性から子供だけ押し付けられただけだったのか?
 映画の中では別にその事を問題にもしていないから、まあ、本当の父として観てたんだけど、、、。
時間がたつにつれて、どうなんだろう?と疑問が大きくなってきたのだ。誰か教えてくれえ〜。
 この、もう、とてつもなく可愛い娘。ルーシー.ダイヤモンドの名前は
Lucy In The Sky With Diamonds。ビートルズのナンバーからとったものだ。
サムは大好きなビートルズに関してはなんでも知っている。という特性を持っている人物なのでした。
だから、全編に流れるビートルズのカバー曲は映画に必然性があり、というか、、、。
なくてはならないモノでしたよ。
 「ごはんよ〜」あま〜く優しい声で愛犬ディランを呼ぶ。
 「早く、食べなさい!!遅刻するでしょう!!!」キリキリした声で息子ミックを急かす。
カラスは二重人格か?とも思えるこの違い。
息子はこう、つぶやいた、、。
 「オレもディランになりたいなあ」、、、イ.タ.イ。

2002年7月9日  11:31
感じあう空気
 この、秋、AIRーG’は開局20周年を迎える。
カラスはなんと、開局日の正午から生放送を担当していた。
このステーションで20年ラジオDJしちゃったよ。ありえないと思ってた。当時は。
 
 7月6日(土)AIR-G’の缶詰めのイベントに来て下さったリスナーの方達がつくり出す空気がなんとも言えずふんわり優しかった。
 このイベントには、何組ものミュージシャンと何人ものパーソナリティーが出演していたので、
自分のごひいきさんだけを応援して後はどうでもいい。的な会場の雰囲気になってしまいがちなのだが、
 この日は違ってた。
 すべての人達に対して暖かかった。
こういう事って自然に発生し自然にお互い感じあうものなんだよね。
 まさに、ラジオってそういうメディアだとカラスは思ってる。
感じあえる空気。AIR-G’20年の積み重ねってこの空気なんだと確信できたよ。
 ありがとう。
 一緒に参加した、ゴイスの新インフォーマーの新井田さんがカラスに近付いてきて
「今度、番組を見学させて下さい。先日、初めて聴いたんです。カラスさんの番組。(??うん?初めて?)あまりにも凄くって、康代さん(この番組のディレクター)に言ったら、カラスさんて、もう20年も番組やってるって教えられて、ビックリしちゃいました。凄いです、やっぱり。」
 ととびっきりさわやかな笑顔で言われた。
彼女のように全くカラスの過去の番組の事など知らない人達とズート聴いてくれている人達を繋いでいくこともこれからやりたい事になってきた!
 ありがとう。新井田さん。
尚、彼女はあの坂本サトルさんにも
「一度だけ、サトルさんの番組聴いた事があります」
とオンエアーでとびっきりさわやかに答えていたとか、、、。
憎めない天然キャラは貴重な存在だ。

2002年7月4日  11:38
また、お会いしましょう。
W杯が終わってしまった。
色んな感動を味合わせてくれたこの大会。
今まで、日本がこの大会に出場できるかどうか?に興味があっただけで、その事に決着がついてしまったら、どうでもよくなっていたので、なんて惜しい事をしていたのか、、、。と悔やんじゃいました。
 
 審判の誤審についても色々ありましたが、決勝戦の主審コリーナさんは見事な判定でしたよね。
敗者となったドイツの守護神カーンに向けて、コリーナさんが最後にかけた言葉は
「4度目に会う時は君に運がむくよ」
だったそうです。コリーナさん素敵です!
  
 このコリーナさん、日本VSトルコの時の主審でもありましたね。
やはり敗者となった日本の宮本に、最後にかけて言葉は
「君たちはこの敗北に誇りをもつべきだ!」
だったそうです。コリーナさん素敵すぎるぞー!

このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2002年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月
プロフィール
DJ KARASU
DJ KARASU
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組
アーカイブ