AIR-G' FM北海道
カラスの巣箱
2002年5月30日  21:32
あい。
ハンバーガーをほうばりながら「長渕さんに会えましたあ」と嬉しそうに中尾諭介(インザスープ)がやってきた。
先週、キャンペーンで札幌に来ていた彼はこの番組に出演の予定がなくても、必ず、長渕さんの情報交換のためにカラスの元を訪ねてくれる。
「私も、こちらのコンサートの後、ほんの少し会えたんだよ。でも、緊張のため、全く話せなかった!」
「オレもですよ〜」
なんて、報告しあい、まるで長渕剛ファンクラブの集いのようだ。
 でも、諭介くんもカラスも実は最近の長渕さんの作品は気に入ってないのだ。
 「静かなるアフガン」
見逃せない大切な事を唄っている。
反戦歌ではなく、ラブソング。40才を過ぎた、3人の子を持つ父親の父性愛のようなものが『祈り』となってこの歌を創らせた。
と彼はインタビューで答えているが、、、。
あまりにもテーマに直接的な表現ばかりで長年の長渕フリークの私でさえ、疲れてしまう。
 彼の曲の中でカラスがとっても好きな曲の一つに「僕のギターにはいつもHeavy Gauge」がある。
ツアーを終えた列車の中でみかける人間模様と今の自分を交差させ、変わり往くもの、変わらないもの、変えたくないものが淡々と唄われている。
 すれちがう列車の汚れた窓から いくつかの手段と方法を隠して 子供がピースを送ってくる。
 その子に向かって 知恵をつけなさい 人をけおとすために と言葉を贈る
 汚れた窓にはそんな僕が写っている。
でも、いつものように僕のギターには ヘビーゲイジ。
みたいな、なんて事なさそうで、深い曲が彼には創れていた筈だ!
彼のそんな新曲が聴きたいな〜。
 なんでも、カムフラージュしてしまって、逃げてるばかりの姿勢はそりゃ、カラスも嫌いだけど、
ふんわりとベールをかけててもしっかりした意志があれば人のハートには届くと信じてる。
 今週の『あい』がいっぱいのアルバムカウントダウン。
「LOVE」だけにこだわらず、色んな『あい』を集めながら、楽しく進めていきましょう。
そんな中でとっても大事にしたい『あい』が何か一つでも心をくすぐれば最高です。
だって、カラスはラジオと言うメディアをこよなく愛しているから、それさえあれば何かが共有できると信じているんだ!
 たくさんの『あい』が届くのを楽しみにしてます。

2002年5月23日  11:33
まわる。まわる。
 部屋がグルグル回って、遊園地にいる気分が味わえる『めまい』に見舞われた。
カラスはジェットコースターの類いは全くダメ。
コーヒーカップでさえ、パニックになるほどもともと三半規管が弱い。
 もちろん、すぐに病院へ。
問診の段階で、「長年、イヤホーン、ヘットホーンなどで大音響で音楽を聴く生活を続けてきましたので、多分、耳はかなり悪いのでは?と感じています」などをお伝えし、いろんな検査を受ける。
 結果、「何か最近、疲れる事ありました?疲労とストレスで三半規管がちょっとうまく働いていないんですね」との事。
 最近、疲れる事?
過度の競歩に近い散歩と長過ぎる半身浴。
 ストレス?
にもかかわらず、全く体重に変化がみられない、やりがいの無さ。
 これかあ〜。これしか考えられない!
聴力など何の問題もなかった。
「音楽を聴く生活」なんてカッコ付けても、結局、関係ないじゃん。って事。
しばらくは、ストレッチくらいにトドめます。トド?、、、。あ〜。ストレスたまる!

2002年5月14日  19:23
桜井さん.むふふ!
 Mr.チルドレンの桜井さんには世の女性達がその虜になってしまう訳をお会いする度、納得させられちゃうんだよね。
 彼は一見、なんでも優しく受け入れて、包み込んでくれそうにお見かけするが、その実はなかなかそうはいかなそうだ。って気がする。
自分の世界に誰も踏み込ませない部分がしっかりあって、そこに立ち入ろうなんてすると愛する女性であってもはね除ける。みたいな、感じ。
 その、なんとも両極端な部分が本人からも作品からも伺えるのがたまらんのですよ。
桜井さんは「才能が創らせてます」なんて言ってたけど、プラス彼の元々もっている『オス』としての魅力なんだと思う。
 さらに、最近、感じる精神面での成熟度。
同年代の男性達とは比べものにならないどころか40代以上の男性達よりズート成熟してる。とすら曲を聴いてて感じちゃうね。
 彼は本当に大人の男だ。なのに、少年もいっぱい残ってる!
完璧だよね。これって。
 いや〜。ますます女性達が黙っちゃいないよ。もてるんだろうな〜。

2002年5月3日  0:43
好きって事、、。
 グレイのテルさんとパフィーの亜美ちゃんが結婚!
とうとう?いや、やっと、結婚できたのですね。おめでとう。
前にも番組で話した事あったよね?テルさんがとっても、好みのタイプの女性が亜美ちゃんだって、告白してた事。
 まだ、グレイが大大ブレイクする前の事でした。
打ち合わせの時、確かチャートが話題になって、当時、飛ぶ鳥も落とす勢いで爆進状態だったパフィーの話しになった時、「僕、スキなんですよね」とぽつりとテルさん。
「どっち?」と聴くと「こっち」と言って亜美ちゃんを指差した時の彼のすごく嬉しそうで照れた顔を今でもはっきり覚えてるんだよね。
当時はまだ会った事はないとの事だったので、けしかけたのね。
 「じゃあ、頑張って会えるチャンスを掴まなくっちゃ」
 「いやあ、それはあり得ないですよ」 「何で?分らないよ。そんな事」なんて話しで終わったと思う。
容姿も雰囲気も彼の理想だ。という事を随分、熱心に話してたなあ。
 それから、1年後くらいに二人が噂になり、同時にテルさんが言った「あり得ない」の本当の意味も知ったのです。あの時は彼には家庭があったのですものね。
 そんな事もふまえて色んな事があったと思うけど、誰かを愛する気持ちって理屈じゃなくどうにもならない、誰にも止められないモノなんだよなあ。ってまたまた感じさせられました。
 だって、好きなんだもん。しょうがないよね。うん。しょうがないんだよ。
幸せになってね。テルさん。
 グレイの母さん。カラスでした。

このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2002年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
プロフィール
DJ KARASU
DJ KARASU
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組
アーカイブ