AIR-G' FM北海道
カラスの巣箱
次のページ
2011年3月30日  22:23
みんなありがとう!!!!

『週刊カラスの森』最終回を終えて、もう、4日が経っているのに、
まだ、この週末も番組があるような感覚が残っています。
「そうか...。終わったんだ」
急に淋しくなってしまいました。
聴いて下さったみなさん、本当にありがとうございました。
最終回にメッセージを下さったGLAYのTERUさん。
函館に帰省されてて、
「今から羽田に向かいます。帰ったらラジオ番組の収録があるので、そこで、カラスの森に送るメッセージを録るよ」
って函館空港からメールをくれて、番組に間に合うように自ら色々と手配してくれた、相変わらずイイ人!!
このイイ人は、その後、東北の被災地に出向いたりと....。
想いはあってもなかなか行動出来ない私なんかとは大違いで、どんどん動いてます。
そして、動けない自分に少し自己嫌悪的な人々にも
「きっと、動ける時がくる。その時まで想いを貯めておこうね」
と、優しく癒せる人なんだよね。
番組にTERUさんが残してくれた書で、強く印象に残っているのがコレ
拡大画像
心をま〜るくしたかったんだ。と、TERUさんそのもののような文字でした。

そんな、GLAYファンの方からも沢山のメールを全国からありがとうございました。
その中から
「クリスマスに電話でお話できたこと、本当に大切な思い出です。」
(宇宙そら)さん、ありがとう。
GLAYの特別番組の時にお話出来た事、私も大切な思い出でです。

「次回のGLAYEXPOのBELOVEDでカラスさんの書いた字幕がつくと良いですね。」(横浜 さくら草)さん。ありがとう。
私の次なる目標です!!
もう、書いてますよ〜。勝手にですが(笑)
後は採用を目指します!!!

そして、お電話を下さった渡辺美里さん。
拡大画像
この番組は美里さんと一緒に作って来た時間でもありました。
私達は不思議と以心伝心的な所が多くて、いつも、美里さんどうしてるかなあ?
と、思ってるとメールが来たりするの。
美里さんも「カラスさんにメールしよう」って思った瞬間にカラスさんからメールが来たりする。って言ってました。
今回も新作の作詞中でズート携帯の電源を切っていたけれど、やっと書き上げて「カラスさんに近況報告を」って思って電源入れたらメールが届いたのよ。
って言って、その後、いっ〜〜〜ぱい、今回の被災の事や番組最終回の事や、応援してくれていた我が息子の受験の事や.....。
いっぱい、いっぱいメールをやり取りして、
「私、美里さんの想いをちゃんと伝えるね」って終えたけど。
やっぱり、私、お電話でもいいから出演したいわ!!
と、自ら申し出てくださったの。
嬉しくて、嬉しくて....。
それと同時に何としても、また、一緒に番組をやりたい!!と、強く決意しました。
そんな美里さんファンの方からも沢山のメールをいただきました。
本当にありがとう。
その中から、いつも色んな形で番組に参加して下さっていた方のメールです。「最終回は仕事の関係で聴けなくて残念です。東北の被災地より心の耳で聞かせいただきます。
映像では伝えられていない場面に毎日、胸がいっぱいです。」(丙午ランナー)さん。
被災地でお仕事をされているんですね。
ご苦労様です。そして、心からありがとうございます。
このような方達に、どんなに感謝の言葉を重ねても足りないと思っています。
私も丙午ランナーさんが、心の耳で聞いて下さっていると感じながら最終回を終えましたよ。

そして、ここ何年かはこの人の音楽に出会えたから、私は、番組を続けて来たと感じているミュージシャンCaravanの音楽で最後を締めくくりました。
Caravanはラジオで喋る事で自分を伝える事などは苦手なタイプの人です。
月に一度、何らかのコンタクトを取って、リスナーさんにCaravanを伝えたいと思ってるの。
何か出来ないかなあ?と呼びかけても
中途半端に「やります!」って応じて、充分に期待に添えるような事を返信する自信もないし....。
旅にもちょくちょく出かけちゃって、日本にいない事も多かったりと、迷惑をかけてしまいそうだし...。
受けるならちゃんとやりたいですし....。
でも、番組が僕にくれている愛情は十二分に感じています。
というような内容の返信をくれる、本当の意味で誠実な人なんです。
その彼が、最終回に寄せてくれたメッセージは、今の日本に必要な優しさと強さと決意が表れていました。
また、このメッセージは、相談した日の翌朝にすぐ届いたという事もCaravanという人のホントが見えていました。

「ミュージシャンの意外な一面を"書" にしたためてHPのupがきけない私も楽しませてもらいました。」と、メールを下さった(みずき)さん。

Caravanと最初にお会いした日、彼のお姉さまの初めての出産の日でした。
それも、この札幌の地で。
だから彼はこう書いてくれたのです。
拡大画像
最終回に、もう一度、観て頂いた『生』の文字。
今はより強く心に響いて来ます。
最初に彼に会った日に書いたこの文字は、最終回のための宝物だったようにも、今、感じています。


「Caravanからのメッセージがあるんだってさ♪
初めて行ったCaravanのライヴ、独りぽっちで誰とも「よかったよね〜」なんて話せなかった頃、カラスさんの番組聞いて「そーそー、そうなんよぉ(o^∀^o)」とか共感してたの 」(mimico)さん、ブログにこう、メッセージくださっていたのね。
ありがとう。
また、ライヴ会場で、お会いしたら声をかけてね。

まだまだ、名残惜しくて、ここにこうして書き綴っていたいけど.....。
また、お会い出来る日を楽しみに、日々、一生懸命生きてます!
あなたも、一生懸命生きててね!!

PS・「R50サウンドグラフティー」って番組は、土曜日の朝、7時半から隔週で担当しているので、聴いて下さい。
また、ブログはMono Globeでチェックしてね。


次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月
プロフィール
DJ KARASU
DJ KARASU
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組
アーカイブ