AIR-G' FM北海道
鴉の書
次のページ
2010年1月27日  15:09
☆俳句と書☆
ミュージシャンの方と一緒に俳句を作りながら、書として認めています。
■ LOVE
『初便り 北の大地の 戦友へ』 三年一組 ラブ
自分の中の正義やピュアな部分を、大切にしようと生きずらい世の中、
そんな中でも、真っすぐ一生懸命に生きている人達に向けてエールを送るLOVEの新曲の境地を詠ってくれました。
三年一組は雰囲気って事で。
 
 カラス
『初便り 純粋故に 泣きじゃくり』
LOVEの曲「君は僕のセンユウ」を初めて聴いたときの、私の状態です。

大好きなLOVEと2010年の一番初めの「カラスの森の句会」を始める事が出来て嬉しかった。
英語が流暢なLOVEですが、かなりの和好き。
書を書く姿も、背筋がピッと伸びてて素敵だったよ。
拡大画像

■ 彩冷える
夢人
『朝の雪 やむかと思えば 夜も雪』 諸星
俳句の達人と豪語していた夢人クン。
が、この「雪」の季重なりを、突っつくと、
「意図的にそうしてみました」
と、ON-AIRでは、あくまでも強気でしたが、
収録終了後、すぐに「すみません。まったく、初心者で、俳句は作った事もありません。ふざけ過ぎましたか?スミマセン。」
と超低姿勢。
おもしろく盛り上げてくれました。
諸星としてるのは、何か意味があるらしいのですが、、、。
良く解らなかった。ので、彼の意図を伝えきれません。
ごめんなさい。


『六花咲く 街は静かに 彩冷える』 あおイズム
さすが、、、。彩冷えるの作詞同様、俳句もウマイ、葵クン。
他のメンバーも「さすがあ〜。」を連発してましたよ。

インテツ
『淡雪に 重ねた想い出 溶けてゆく』 
とっても、やさしくインテリジェンスな俳句ですよね。
インテツくんは学生時代に作った事があるけど、難しかったんだよね。
と、学生に戻った気分で作ってくれました。
書道も楽しいとワクワクしながら、
でも、冷静にじっくり考えて参加してくれました。

カラス
『霜の花 庭いっせいに きらめけり』
冬の初めの霜が降った時のきらめきは彩冷えるの世界かなあ。
と、思いまして一句作らせていただきました。
拡大画像

次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2010年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
前の月   次の月
プロフィール
KARASUの 書
KARASUの 書
6月30日生まれ 蟹座 O型
雨竜町出身

フリーパーソナリティとして、AIR-G'では開局以来ずーっとお付き合いさせて頂いてます。
関連番組

「100歳まで生きて書家を目指す!」という番組DJのカラスさんが書いた作品の数々をご紹介します。

「アルバムを聞いた感想をしゃべるように書く」というカラスさんの書。
それに賛同して下さったアーティストの方々とのコラボレーションをご堪能下さい!

今後も作品が完成するたびにアップしていきます。
また、是非、この書を観た感想などもお寄せください。
メールはこちらから